京橋行動療法研究会

京橋行動療法研究会(京行研)とは

別名「強迫行動研究会」(強行研)です。原井クリニック・原井コンサルティング&トレーニングのミッションは行動療法を使って実際の結果を出せる治療者・環境を増やすことです。エクスポージャーを中心とした行動療法にはOCDや恐怖症に対して他を上回る確固とした治療のエビデンスがあります。一方で、エビデンスでは治療者は増えません。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」という山本五十六 の名言があります。この通りにすることで治療者を増やそう、それが「京行研」の狙いです。

2012年1月から、なごやメンタルクリニックで毎月行っていた「なごや強迫などなど研究会」(NAKNAK)の後継となるものです。

活動内容

事例検討会

月に一回行われる、3DI(3 Days Intensive treatment, 3日間集団集中治療)に合わせて、二日目の土曜日、19時から21時に原井クリニック内で事例検討会を行っています。参加できる方は対人援助職とそれを目指す学生です。当日、参加費3,000円(税別)と事例に関する守秘義務誓約書へのサインが必要です。事前にdirector@harai.netに参加者名をお知らせください。連絡は当日でもOKです。今後のスケジュールは以下の通りです。

第12回12月21日・第13回2020年1月25日

陪席

通常診療の陪席と3DIなどのグループ見学参加が可能です。

  • 3DI:3日間集団集中治療プログラムのオブザーバー参加
    • 医師の場合 35,000円(金土日3日間連続,土日2日間も同額)
    • 医師以外の援助職の場合 25,000円(同上)
  • 集団集中治療プロラムの参加は,特に初回の場合,3日間連続で最初から最後まで参加されることを原則にしています。 数回目以降の場合は,2日だけ,1日だけの場合の参加も認めますので,ご相談下さい。
  • 通常の診察,カウンセリングの陪席(原井または岡嶋心理士)
    • 医師の場合 25,000円(1~半日,時間にかかわらず同額)
    • 医師以外の援助職の場合 20,000円(同上)

インターンシップ

主に大学院生を対象に実際の臨床を現場で体験でき、指導も受けられるApprenticeshipシステムを作っています。昔からある徒弟制度・弟子入り制度です。本人の熱意や時間に合わせたプログラムがあります。料金などはお問い合わせください。

スーパービジョン

  • 1回のみの相談(メールや電話,論文のチェックや報告書作成も含む) 10,000円
  • ケースや治療技術の相談(ケースの数や相談回数については上限なし 期間は半年間) 100,000円(長期継続の方については交渉を申し受けます)
    • JAMIによるMI技能検定に必要なスーパービジョン,音声録音・逐語に基づく評価とコーチングなど
    • 研究計画や論文の相談など

その他

この事業は株式会社原井コンサルティング&トレーニングが行います。

情報提供・交換のためのメーリングリストを作っています。登録ご希望の方は原井までメールをお送りください。